ゲームのはじめかた

『MHF-Z』パソコン版には通常の画質で手軽な環境でもプレイいただけるオリジナル版と、高画質で迫力のある狩猟を体験いただけるHigh Grade Editionがあります。
ここでは、その動作環境や、ダウンロード・インストールなどゲームのはじめかたをご紹介いたします。


・ご利用のパソコン環境に合わせ「オリジナル版」「High Grade Edition」のどちらかを選んでMHF-Zをプレイすることが可能です。
・「High Grade Edition」のプレイにあたっては追加でのコース購入やパッケージ購入の必要はございません。
・動作環境を満たしているパソコンでも、パーツ構成などにより、ゲームが正常に起動しない場合がありますので、ご了承ください。

オリジナル版の動作環境

動作環境 推奨動作環境
MHF-Zのプレイに推奨する
動作環境
必要動作環境
MHF-Zの動作を確認した
最低限の動作環境
目安となる
解像度
1600×1200 800x600
OS

Windows 7, 8, 8.1, 10 (32bit/64bit※ 日本語版)
※64bit版はWOW64 (Windows on Windows 64) での動作です。
※OSによって必要な動作環境が別にございますので、ご確認ください。
※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

CPU

インテル® Core™2(Duo、Extreme、Quad)シリーズ

インテル® Core™ (i3、i5、i7)シリーズ

インテル® Core™ (i5-2000、i7-2000) シリーズ ※1

AMD Athlon™ X2 デュアルコア・プロセッサ4600+以上

AMD Phenom™ シリーズ

AMD AthlonII™ シリーズ

AMD PhenomII™ シリーズ

AMD A-Series APU(A8-3850,A6-3650) ※2

インテル® Pentium® 4 2.0GHz以上

AMD Athlon™64 3500+以上

SSE対応のCPU
メモリ 1GB以上 512MB以上
グラフィックス
ボード
NVIDIA® GeForce® 8600シリーズ以上
NVIDIA® GeForce® 9600シリーズ以上
NVIDIA® GeForce® 200シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 2600シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 3650シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 4650シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 5550シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 6450シリーズ以上
NVIDIA® GeForce® FX 5700シリーズ以上
NVIDIA® GeForce® 6600シリーズ以上
NVIDIA® GeForce® 7600シリーズ以上
ATi Radeon™ 9500シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 4350シリーズ以上
AMD Radeon™ HD 5450シリーズ以上
DirectX® DirectX 9.0c以上
サウンド DirectSound®対応16bitステレオ44.1kHz
または48kHz WAVE形式が再生可能なサウンドカード
ハードディスク
空き容量
インストールするハードディスク内に20GB以上必須
※上記の空き容量にはDirectX® インストール用の領域、OSのスワップファイル領域を含みます。
※インストーラが一時的に使用する作業領域を含みます。この作業領域はルートドライブ(通常はC:ドライブ) に必要で、インストール後に開放されます。
インターネット
接続環境
ADSL1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線

※1 CPUの「Core™ i7-2000 シリーズ」のうち「インテル® HD グラフィックス 3000」を搭載している場合、グラフィックスボードは必須ではありませんが、今後の開発状況により変更になる場合がございます。

※2 AMD A-Series APU(A8-3850,A6-3650) を搭載している場合、グラフィックスボードは必須ではありませんが、今後の開発状況により変更になる場合がございます。

■この必要動作環境は2015年8月5日時点のものです。必要、推奨動作環境を満たしているパソコンでも、パーツ構成などにより、ゲームが正常に起動しない場合がありますので、ご了承ください。

■64bitネイティブサポートではございませんので、64bit版のOSでMHF-Zを起動しても、動作などの性能があがるわけではございません。あらかじめご了承ください。

■グラフィックスボードには製造元の公式サイトで提供されている最新のドライバをご使用ください。

■OSのサービスパックやグラフィックスボードのドライバについては、お客様ご自身の責任において最新のものをご利用ください。

 

現在、使用しているパソコンで『MHF-Z』がプレイできるか以下のページでご確認いただけます。

パソコン性能確認ツール

■Microsoft, DirectX, DirectSound,および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporation の商標です。
NVIDIA、GeForceは米国NVIDIA Corporationの商標もしくは登録商標です。

▲ 上へ戻る

High Grade Editionの動作環境

動作環境 High Grade Edition 動作環境
MHF-Z High Grade Editionの動作を確認した動作環境
※ご利用のパソコンのスペックに合わせてオプションメニューの表示(グラフィック)より各種設定を変更することで、より快適なプレイ環境に設定することが可能です。
目安となる
解像度
1920×1080
OS

Windows 7, 8, 8.1, 10 (32bit/64bit※ 日本語版)
※64bit版はWOW64 (Windows on Windows 64) での動作です。
※OSによって必要な動作環境が別にございますので、ご確認ください。
※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

CPU

インテル® Core™ i5 2.66GHz以上

メモリ 4GB以上
グラフィックス
ボード
NVIDIA® Geforce® GTX 660 (2GB) シリーズ以上
または同クラスのグラフィックスボード以上
DirectX® DirectX® 9.0c以上
※DirectXが既にインストールされているパソコンでも、DirectX エンド ユーザー ランタイムが別途必要となります。
DirectX エンド ユーザー ランタイムのダウンロードはこちら
サウンド DirectSound®対応16bitステレオ44.1kHz
または48kHz WAVE形式が再生可能なサウンドカード
ハードディスク
空き容量
20GB以上必須
インターネット
接続環境
ADSL1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線

現在、使用しているパソコンでHigh Grade Editionがプレイできるか以下のページでご確認いただけます。

High Grade Edition パソコン性能確認ツール

▲ 上へ戻る

ダウンロード・インストール

『MHF-Z』をプレイするためにはDMM GAME PLAYERとMHF-Zランチャーをダウンロード、及びインストールする必要があります。

(1)公式メンバーサイトTOPページにある左のボタンをクリックします。

(2)DMM GAME PLAYERのインストール用画面(ポップアップ)が表示されます。既にDMM GAME PLAYERをインストール済みの場合は「今すぐプレイ!」を選択し、本項目の手順(5)にお進みください。
インストールがまだの場合、下記のページの案内に従ってインストールを行なってください。

DMM GAME PLAYERとは?(DMM.comへ移動します)

(3)インストール完了後、ログイン画面が表示さますので、DMMアカウントでログインを行ないます。

(4)再度公式メンバーサイトのゲームスタートボタンを押し、「今すぐプレイ!」を選択します。

(5)DMM GAME PLAYERが起動したら「インストールしますか?」と聞かれるので、「OK」を押します。『MHF-Z』のインストールが開始されます。

(6)『MHF-Z』がインストールされると、DMM GAME PLAYER内に『MHF-Z』の項目が追加されます。これを選択してゲームを起動します。また、デスクトップ上に「DMM GAME PLAYER」のショートカットが作成されます。

※「DMM GAME PLAYER」のインストール確認画面は、インストール後も必ず表示されます。

※2016年5月11日(水)以前に使用されていた「DMM ゲームランチャー」ではゲームを起動することはできません。「DMM GAME PLAYER」を新規にインストールしてください。なお、そこからさらに『MHF-Z』をインストールする必要はありません。

▲ 上へ戻る

ランチャー画面について

ランチャー画面とは、『MHF-Z』起動後に出る画面のことです。ここでは、ゲームへのログインやキャラクターの追加・削除、アップデート、環境設定などが行なえます。(本項目で説明するランチャー画面はDMMランチャーとは異なりますので、ご注意ください。)

ランチャー画面

ランチャー画面の環境設定

 

ランチャー画面の環境設定では、ゲーム画面の起動時のサイズや音声など、パソコン側の設定を行うことができます。

また、High Grade Editionへの切替もここで可能です。詳細は、「High Grade Editionの設定方法」をご確認ください

High Grade Editionの設定方法

【設定】タブ

【表示】タブ

【音声】タブ

【接続】タブ

▲ 上へ戻る

ログイン、ゲームのはじめかた

(1)「DMM GAME PLAYER」を起動しゲームスタートを選択します。

ランチャー画面

(2)「MHF-Z」のランチャー画面が起動します。[ログイン]ボタンをクリックしログインするとアップデートが開始されます。

ランチャー画面

(3)ゲームスタートを押すとゲームにログインします。

ランチャー画面

(4)ゲームのタイトル画面が表示されます。[Enter]キーを押す、または画面をクリックすると、メニューが出現します。

▲ 上へ戻る

High Grade Editionの設定方法

(1)ランチャー画面で「環境設定」をクリックします。

(2)設定画面が表示されます。設定タブ内の「High Grade Editionを有効にする」にチェックを入れ、OKをクリックします。

ランチャー画面

(3)ランチャー画面に戻り、[ログイン]ボタンをクリックし、タイトル画面に移動します。

(4)タイトル画面で「High Grade Edition」と表示されているとHigh Grade Editionでプレイ可能となります。

ゲーム内での調整

ゲームにログインし、メゼポルタ広場に降り立った後、[メニュー]-[オプション]-[表示(グラフィック)]でグラフィック機能の調整が可能です。ご自身のパソコン環境にあった調整をしてみましょう。

表示(グラフィック)の詳細

1.プリセットメニュー

・最高画質:すべての各種項目をONにした、最高設定にします。

・グラフィック優先:グラフィックを優先した、高画質設定にします。

・パフォーマンス優先:操作性を優先した、不可処理の少ない設定にします。

・カスタム:各種項目を自由に設定することができます。


2.各種項目

・リアルシャドウ(ロビー):ロビーでのハンター、NPCの影処理の実影表現のON/OFFを設定します。

・リアルシャドウ(クエスト):クエストでのハンター、モンスター等の影処理の実影表現のON/OFFを設定します。

・被写界深度:ぼかしだすことによって距離感を表現します。この機能のON/OFFを設定します。

・ブルーム:光の表現をリアルに演出する機能のON/OFFを設定します。

・SSAO:影の濃淡を自然な形で反映する機能のON/OFFを設定します。

・ゴッドレイ:光の差し込み、木漏れ日の表現を行ないます。この機能のON/OFFを設定します。

・アンチエイリアス:オブジェクトの輪郭を滑らかに表現する機能のON/OFFを設定します。

・ソフトパーティクル:オブジェクトの輪郭を滑らかに表現する機能のON/OFFを設定します。

▲ 上へ戻る

ページを閉じる